2014年01月19日

クレジットカード ポイント 付与率と還元率

クレジットカード ポイントの付与率と還元率

クレジットカードを利用には「ポイント付与率」と「ポイント還元率」と
言う言葉が有ります。

何がどう違うのでしょうか?

「100円でポイントが1ポイント付き、1000ポイントで1000円分の還元が
出来ます。」と言う文言が有るとします。
この場合、100円で1ポイントと言う事でポイント付与率が1%、1000ポイントと
言う事は10万円を利用して1000円分の還元と言う事になりますので1%の還元と
言う事になります。

でも1000ポイントで500円の還元となったらどうなるでしょうか。
これだと10万円の利用で500円の還元となりますので0.5%の還元率と言う事になります。

この様にポイントを付ける為の基準をポイント付与率、還元する為に必要なポイント数と還元額の割合の基準がポイント還元率と言う事になります。

この様に単純にポイント還元率が高いからとか、付与率が高いからという理由で
クレジットカードを選ぶのではなく、この2つの率のバランスを見極めた上で選ぶ
様にすると良いと思います。


クレジットカード」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。