2014年03月14日

クレジットカード 手数料 現金化

クレジットカード 手数料 現金化

クレジットカードの現金化ってご存知ですか?
この仕組みは、現金化をしている業者に対してクレジットカードを使うと、その業者から利用した額の9割程の現金とちょっとした商品が届けられると言う仕組みだそうです。
例えば10万円分を現金化しようとした場合、クレジットカードは10万円使った事になりますが、9割のキャッシュバックと言う現金化システムによって9万円の振り込みがされる事になります。
ポイントは10万円分の利用に対して付けられますので1.0%だとして1000円分付く事になりますが、差額の1万円分は業者への手数料として支払う形となりますので結果的に損をする事になると思います。
この付与率がもし高ければメリットも有るかもしれませんが、ポイントが単に欲しいと言う気持ちだけで現金化するのであればメリットは無いと思います。
またこの現金化はクレジットカードの利用規則として原則禁止としている所も多い為、最悪の場合、利用停止になる場合も有ります。止めましょう!!


【関連する記事】

2014年03月06日

クレジットカード ラウンジの違い

クレジットカードの種類によっては、空港の専用ラウンジを無料で利用することができます。充電用の電源が使えたり、飲み物がサービスされたりと、利用できるとなかなか便利なものです。
ただし、利用可能な設備やサービスは空港によりだいぶ異なります。

たとえば成田空港のカード会社専用のラウンジは出国前のエリアにあります。
ゲートのすぐ近くにあれば搭乗時間までゆっくり落ち着くこともできますが、成田空港の場合はその後に手荷物検査などを行わなければならず、ちょっと不便です。
ソフトドリンクはドリンクバーにあるような機械があり、セルフで飲み放題です。
また、コーヒーや紅茶などのホットドリンクもあります。

それに対し、羽田空港はラウンジが手荷物検査後のエリアにもあり、時間までゆっくりと落ち着くことができます。
コーヒーやソフトドリンクのマシンだけでなく、100%ジュースや牛乳のサービスもあります。

クレジットカード利用者の専用ラウンジは、以前までは1名までは同伴者無料で利用できたのですが、最近ではほとんどが本人だけの利用に制限されてしまいました。
現在でも同伴者無料で使えるのは、主にアメックスのカードです。
ゴールドカードは審査基準が高く取得するのが難しいと思われがちですが、年会費3,000円から5,000円のヤングコールドクラスであればそれほど審査基準も高くなく、通常の審査と同程度の確率で取得できるようです。
JALカード アメックスカード





2014年02月24日

クレジットカード 空港ラウンジとは

クレジットカード ラウンジとは

空港を利用するとき、搭乗時間までに余裕があったら、空港内のレストランや喫茶店で時間をつぶす方は多いでしょう。
しかし、クレジットカードを持っている方なら、空港ラウンジを利用するのがおすすめです。

空港ラウンジとは有料で使える待合室のようなもので、搭乗前にゆっくりと落ち着きたい人には最適のスペースです。
混雑していたり、騒がしかったりする空港ロビーではなく、もっと静かなスペースでゆったり過ごしたいと思う方には、空港ラウンジは快適なスペースとなります。

空港ラウンジは、利用するのに1,000円から2,000円の利用料を支払うのが原則です。
しかし、その空港と提携しているクレジットカードを持っていれば、カードを提示することにより無料で利用できます。
無料で空港ラウンジの利用が可能なクレジットカードは、ほとんどゴールドカードとなり、安くない年会費がかかりますが、こういうサーヴィスが付帯します。

空港によってラウンジの設備は異なりますが、大抵どこの空港でもコーヒーやソフトドリンクなどは無料で提供されています。
また、椅子もロビーのものとは異なり、ゆったりとくつろげるソファが置かれていますし、中にはシャワールームや仮眠室を利用できる空港ラウンジもあります。

ただし、空港ラウンジを利用する際に注意すべき点があります。
それは「カード名義人以外は有料となってしまう」ということです。
中には1名までなら同伴者無料というカードもありますが、割合的に少ないです。
なお、空港ラウンジは家族カードであっても無料で利用できるので、夫婦で利用することが多い人は、あらかじめ家族カードの発行を申請しておくと良いでしょう。
クレジットカード」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。